探偵が調査のために独自に改造した機材の性能とは

機材の改造

探偵事務所によって、所持する機材の性能というのは大きな違いがあります。そして、その性能の違いが調査力に影響を与えることから、探偵業者は常に調査現場で有効な機材を探しているといってもいいでしょう。
しかし、どうしても売られている機材では満足する機能を発揮して、調査での証拠を得ることが難しいといったとき、または、調査現場の状況が特殊で今所持している機材では対応するのが不可能ではないが、最善では無いと判断したときに、機材をどのようにしてその調査現場に適用させるのか?

一番手っ取り早い方法としては、探偵が機材へ改造を施すといった手段があります。

この改造ですが、精密機器が多い撮影機材を簡単に改造を施すことが出来るものではなく、一定の以上の専門知識を持っていないと改造など出来ません。
そして、改造機器を持っているということは、それだけでも、その探偵事務所には機材を改造するだけの知識を持ち、調査に改造機器を活用させることが出来るだけの能力を持った人材が存在するということで、一定以上の調査力を誇っていると考えていいと思います。

改造機器は、素人目から見て気付くことが出来ない物も多々あり、または、「そんな改造必要なの?」といった疑問を抱いてしまう物などもあるようですが、それらの機材の特徴、そして使われる調査現場での状況などを丁寧に説明をしてくれる探偵事務所が調査会社としての質の良し悪しに繋がるのではないかと思います。